島根県大田市の南西部・大代町に位置する大江高山火山群の最高峰。貴重な動植物が残る、県内でも有数の峻険な山です。

大江高山《ギフチョウの舞う山・標高808m》

山の概要・登山ルート

大江高山(おおえたかやま)は島根県のほぼ中央に位置する大田市の南西、大代(おおしろ)町のシンボルとして親しまれ、三瓶山群に次ぐ標高808mの連山で、三紀から四紀(二百万年前)につくられた大江高山火山群と呼ばれています。

噴火時期は百数十万年前といわれ、このときの火山活動により石見銀山(大森銀山)の銀鉱床が形成され、また、温泉津温泉の泉源もこの火山群に由来するといわれています。

登山道は大代町の山田コース・飯谷コースと祖式町の伊勢階(いせがい)ルートがあります。
山田コースは県道46号山田バス停から1.3㎞ほど入ると、登山口標識があり、左の斜面を登りきったところから山道に入ります。しばらくは平坦で、植林帯を抜けると、ジグザグを繰り返しながら、山頂に向かいます。単調な登りが続きますが、しだいに箱庭のような風景が開けると稜線に出て山田側ピーク779mに達します。ここから馬の背と呼ばれる吊尾根を本峯に向かいます。本峯の登りは見た目ほどきつくなく、40分程度で大江高山山頂に立ちます。
飯谷コースは最短距離で、県道46号飯谷バス停から北方へ1㎞南斜面を登ると、山辺八代姫命(やまべやしろひめのみこと)神社があり、境内裏手からは急峻で一気に山頂を目指します。

山田・飯谷コース共、春の登山道には、大田市自然環境保全条例により保護を必要とする希少な動植物として指定された、「イズモコバイモ」が自生、「ギフチョウ」が生息しています。秋には紅葉が特に見事です。山頂の眺望は北に日本海、島根半島を望み、東は石見銀山仙ノ山や山吹城址の要害山、矢滝城山を見下ろし、南は中国山脈の連山が映り、北東に三瓶山が展望できます。

標高:最高峰の高山808.0m,西峰799m
地質:新生代第四紀更新世の石英安山岩からなる
住所:島根県大田市大代町(おおしろちょう)~大田市祖式町(そしきちょう)
高山頂上位置:北緯35度03分50秒・東経132度25分43秒

登山ルート

登山ルート